タマゴ×ダイニング リバイバー

タマゴ×ダイニング リバイバーは岡山県は白壁の町倉敷にあるダイニングバーです。地域のタマゴを育てる活動をしている地域の文化と共に成長していくお店作りを心がけております。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週末は色々熱いイベントが!

つい先日誕生日を迎えたキヨさんのイベントの紹介です。

フライヤーは未ゲットですが・・。

以前、Ritmo De Colaでも呼んでいただきました。

僕の仲がいいセレクターも多数出演で。

チェックしてみてください~~。

-----------------------------------------------------------------------------

2011年の刺激的なイベントになるんではないでしょうか・・
毎度お馴染み"GOODTIMIN'REASON"が「LOUNGE GAME」とのコラボ企画!。見逃せませんよ~(☆▽☆ )

2011/03/19(土)
21:30-MIDNIGHT
"GOODTIMIN'REASON"
*[lounge game]SHOW

at GYPSY ROSE
(岡山市北区表町1-3-10)
http://www.gypsyrose.pv.land.to

・2000(+1drink)

・ROJO REGALO
(http://www.myspace.com/rojoregalorojoregalo)

・AFNICA
(http://www.myspace.com/afnica)

・[louge game]selector's

・guest DJ EKATELI YA WOLO


企画、主催 キヨ。
s.king-iwgp@docomo.ne.jp/・090-53774998

<タイムテーブル>

21:30-・ice&SKANKIN'(STRICTLY ROCKERS)

22:30-・KUROKAWA(MILD STEP)

23:15-・ROJO REGALO

24:15-・AKIRA(S.T.ONE ROCKERS)

25:00-・AFNICA

26:00-・EKATELI YA WOLO

27:30-・matatabi

>ロホレガロ
バンコク録音の熱狂のLIVE盤!
3/9発売!
ROJO REGALO "LIVE & LOVE IN BANGKOK" PV

http://www.youtube.com/watch?v=sT-kB4pvStc&feature=feedf

アフニカ
http://m.youtube.com/watch?desktop_uri=http%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DouDLiEfoKFs&v=ouDLiEfoKFs&gl=JP&guid=ON

DJ EKATELI YA WOLOのチェック映像
>60~80年代のコンゴは大体こんな流れ・http://m.youtube.com/watch?gl=JP&client=mv-google&hl=ja&v=dw1ZTKjm28A

-----------------------------------------------------------------------------

AFNICAのkeiちゃんはここからまた残って岡山滞在します。

いよいよ、差し迫って参りました。

Carroll Thomsonさんのご来日も。

いやー、決まってから早かったですね。

チケットもかなり動いてきてるのでお早めに。

-----------------------------------------------------------------------------

03/21(MON/祝)
Carroll Thompson Japan Tour In Okayama
リバイバー OPENING EVENT
『Rafiki』第2会目-LOVERS ROCK NIGHT-

OPEN 18:30 START 19:00
BLACK STAGE(倉敷REDBOX内)
倉敷市老松町5丁目1-15(2F)
RED BOX HP http://www.studio-redbox.com/

『前売券』\3,500(250枚限定/売り切れたら当日券はございません。)
『当日券』\4,000

『Special Guest Singer』
Carroll Thompson(From UK)
Likkle Mai & The K(From Tokyo/ex DRY&HEAVY)
kei(From Osaka/AFNICA/euraru)

『Support Selector』
H.A.F(From Okayama)
Stereo Revive
etc

■チケット販売店●LAWSON TICKET:63156●RED BOX(086-421-3929)●DOOBY(086-424-0043 )●GREEN HOUSE岡山店(086-245-8451)●古音屋086-425-3551
●レコード屋(086-423-0510)●酒処 ジャンゴ(086-423-1990)●Bar Shuby (086-434-8155)●リバイバー(086-421-8882

■主催 Rafiki主催委員会●協力 REVIVE ENTERTAINMENT●TAKA●My Friends

■TOTAL Infomation 西田 康孝 NI-C(ニシ)●Mobile Phone 090-8402-2222 ●Mobile: stereo_revive@softbank.ne.jp ●Pc:stereo_revive@yahoo.co.jp

■会場までのアクセス
BLACK STAGE(倉敷REDBOX内)
倉敷市老松町5丁目1-15(2F)
RED BOX HP http://www.studio-redbox.com/

〒710-0826
岡山県倉敷市老松町5丁目 1-15 2F
TEL : 086-421-3929

●お車でお越しの場合
2号バイパス「笹沖」で下り、
信号を北(倉敷駅方面)へ

●公共交通機関をご利用の場合
電車:倉敷駅を下車、429号線を西へ
バス:倉敷駅から両備バス・水島方面
行き(普通)
「倉敷第一病院前」下車 徒歩1分

■Rafikiイベントコンセプト
Rafiki=アフリカのスワヒリ語で友達という意味。
色んな人にボーダレスに遊びに来て欲しいと思い定期的にRafiki名義でイベント主催を行うことにしました。
今回は、前回のThe Cavemansに引き続き第二回目。
Stereo ReviveのセレクターNI-C氏が『リバイバー』という居酒屋を2/4日に出すとの事でオープニングパーティー。
今回はかなり豪華です。UKよりラバーズロックの女王Carol Thompsonが来倉。
1970年代中期のロンドンで誕生した歌詞の主題は主に恋愛やロマンスであり、甘い質感のあるサウンドを特色とするLOVERS ROCK。
Carol Thompsonさんといえばイギリス出身のジャマイカ系サックス奏者Courtney Pine(コートニー・パイン)さんが1990年にリリースしたアルバム
『Closer To Home』に入ってる『Coutney Pine - I'm Still Waiting feat Carroll Thompson(Produce ASWAD/Original Diana Ross) 』
は誰もが耳にした事がある曲かもしれませんね。そこで、UKのラバーズロックの女王といえばCarol ThompsonといえばCarroll Thompsonさん、
日本のFemale Top Reggae SingerといえばLikkle Maiさん。二人とも初来岡。この二人の夢の競演を岡山に。Sweetな夜になると思います。
なかなか、見れないと思います。大阪を中心にガンガン活動してるAFNICAのkeiちゃんもソロでかけつけてくれます。ALL FEMALE SINGER。
ちなみに、Carol ThompsonさんはCDトラックでのライブ、Likkle Mai & The Kさん、keiさんはアコースティックライブになります。
チケットは250枚限定で売り切れたら当日券もございませんのでお早めにお買い求めください。みんな、音で繋がっていきましょう。

■Carroll Thompson プロフィール
祖母と共に幼少期に教会に通いゴスペルを聞き成長し、8歳頃からピアノを習い始め、12歳の時に、
ナショナルユースコンベンションにて、彼女の楽曲"I Know He Is With Me"で最優秀賞を獲得。
その後、音楽と同様、勉学にも勤しみ、大学を卒業する時には、卒業証書のみならず、教員免許も取得していた。
卒業後間もなく、彼女自身で彼女の為のプロダクションとレーベルを制作する。
ソングライターとして、プロデューサーとして、活動するキャロルは、"I'm So Sorry"を世の中に送り出し、
UKレゲエチャートで1位を獲得する。その後も、"Simply In Love"や"Just A Little Bit"、"Happy Song"、"Yesterday"などのヒット曲を生み出し、
彼女のファーストアルバム"Hopelessly In Love"が完成され、ラバーズロック女王の名に相応しく75万枚以上を世界で売り上げる。
その後も、Maxi Priest,Mad Professor, Janet Kay, Pet Shop Boys, Micheal Jackson, Stevie Wonder, Boy George, Tom Jones, Chaka Khan,
BB Kingなど、色々なジャンルのアーティスト達と仕事をする様になる。
最近では、DJ Mayumi / Love Is...にもI'm Still Waitingが収録されているなど、様々なジャンルのアーティストから好まれている

■Likkle Mai プロフィール
DUBバンドDRY&HEAVYの元・女性ヴォーカル。在籍中に4枚のアルバムと1枚のリミックス・アルバムをリリース。
05年、更なる飛躍を求めDRY&HEAVYを脱退しソロとして始動。
06年2月アルバム『ROOTS CANDY』をリリース。レゲエ界のトップミュージシャンで構成されたバンドによる
エネルギッシュなステージングが話題に。同時にギタリストThe Kとのピースフルなアコースティックライブも敢行。
異なるライブ形態を使い分けたスタイルはリクルマイの真骨頂。
07年7月、レゲエに回帰しながらも音楽的に更なる進化を遂げたセカンドアルバム『M W』を発表。
その後ファン投票により決まったシングル曲『My Woman/Home,Sweet Home』を7インチでリリース。
08年8月、09年11月と2度のハワイ・ツアーを行い、ハワイでの人気を確固たるものにする。
09年11月4日にリリースの全編バンドサウンドによるサードアルバム「mairation(マイレーション)」はミュージックマガジンの
ベストディスク2009レゲエ部門で第一位に、RIDDIM誌のSKA~ROOTS部門でも第一位になり09年を代表するレゲエ・アルバムとなる。
この他ダブステップの重鎮Rob Simth(Smith And Mighty)から”レコード番長”須永辰緒、オーセンティック・スカバンドCool Wise Manに至るまで
あらゆる作品への客演も。2010年は伝説のダブエンジニアScientistとの共演、レコーディングを果たす。
更にはルーツレゲエの DJとしても第一線で活躍中、Jah ShakaやAdrian Sherwoodなどの来日公演をサポート。
また「希望郷いわて文化大使」として故郷・岩手県のPRにも努める。

■Kei(AFNICA,euraru) プロフィール
cutman-boocheやReggae Disco Rockersのコーラスの経験を経てAFNICAを結成。2009年春からKeiとしてソロ活動も開始。
活動開始早々、UEDA JOINTやThe Green Room Festivalのセッションステージに出演。
佐藤タイジ、エマ-ソン北村、HAKASE-SUN、GOMA、KEISON、東田トモヒロ・・・
など他にも国内外問わず多くのアーティストとジャンルを超えて音をつぐむ。
歌は喜び 歌は楽しみ 歌は哀しみ 歌は痛み そして歌は祈り 深海に差し込む太陽のようなその歌は
深呼吸をするように静かに心に染み入りコモリウタのように優しく包みこむ

■H.A.F プロフィール 岡山県を中心に活動するSOUND「H.A.F」。
1995年結成。現メンバーはSHOW(SELECTOR・MC) 、HIROMU(MC)、WAKA(SELECTOR)の3人で構成される。県内外のDANCEに出演し盛り上げ続けている。
クオリティの高いDUB PLEATEで”ORIGINAL-HI-TENSION”SOUNDの名のとおり常にフロアを熱狂させるPLAYは要チェック!
10周年を記念してMIXTAPEを完成させたところ、全国各地で売り切れが相次ぐほどの人気を得る。
2006年「H.A.F MIX #1.5」「H.A.F MIX #2」を発表。各5千枚を超えるヒットセールスを記録。2008年「H.A.F MIX#3」を発表。
2009年、待望のMIXCD#4を完成!珠玉のDUBPLATE満載で聴けば聴くほどREGGAEの良さがわかる名盤!
H.A.FのSelector、SHOWのセンスあふれる選曲、そして1曲1曲のリリックの内容や深さにも注目!MostCheck!!!!!!!!

■STEREO REVIVE-the backing reviver- プロフィール NI-C(Sel,Mc,Engineer,Promoter) AKILLA(Sel)
2001年からセレクター活動を開始したNI-Cが2006年10月にSTEREO REVIVE結成。
海外、国内の数々のSOUNDを招きイベントを展開。
2008年にSETOUCHI ONE ROCKERSとしても活動しているAKILLAが加入。益々幅広いセレクションに。
サウンド名にも含まれてるbacking(裏打ち)をrevive(興す)する為に常にコンセプトに沿ったイベントを主催し
SOUNDやBANDを呼んでいる。60's~90'sのJAMAICAN MUSICを中心にUK LOVERS ROCK、SOUL、R&B,JAZZ等幅広い
BLACK MUSICの中でも一番見逃しがちな部分や普段現場で聴けないTUNEも沢山プレイし現場を熱くしている。
ダブプレートまで全部レコードでプレイする姿にはレゲエもとい音に対する情熱を
感じられるサウンドといえるだろう。最近では、フェスにライブに引っ張りだこ。生音と生音を繋ぐセレクトはアーティストもお客さんも
納得するだろう。音源聴けます My Space http://www.myspace.com/stereorevive

-----------------------------------------------------------------------------

書き忘れてましたがRED BOXで1drink代を別途お支払いしていただかなくてはなりません。

500円になります。

よろしくお願いいたします。

来週末は色々熱いですね。

Club Rhymeではエビスカップ!

知ってるサウンド結構クラッシュに出るのでは。

そして、20日もエゴラッピンが洋ランセンターに来るし。

21日は倉敷の先輩のイベントで光風&GREEN MASSIVEがCD発売記念でアイビースクエアでライブだし。

熱いですね。

また、色々ブログに書いていきたいと思います。

ではでは、また冷え込みましたので風邪などひかれぬように。
スポンサーサイト

Comments


Body

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
My twitter
FC2カウンター
プロフィール

nic

Author:nic
西田 康孝のプロフィール
岡山は白壁の町倉敷で産まれ育った30代前半。

大人になってからの夢はサーフィン、DJ、ワーゲンに乗る事だった。

21歳の頃から音楽活動を始めDJはやっと12年目。

物事何でも10年から。

初心に戻り地道に活動していきたいと思っています。

小さい頃ピアノを習ってた事を含めたら音楽は自分の人生の半分以上を占めているなと思っています。

2011年2月4日(金)に念願であった「お座敷ダイニング リバイバー」をオープンしました。

名前はStereo ReviveというレゲエのSound System(Crew)を運営しているのですがそこからとりました。

因みにリバイブという意味は「耕す」という意味で自分を、そして町をと思っております。

オープン後に気づいたのですがリバイバーという意味は迎え酒という意味があるみたいです。(コープスリバイバーというカクテルも存在します。)

この今の国の現状、自給率の低さ。

僕はもっと『モノ作り』をしている人を応援して日本人としての尊厳を大事にしていきたいと思っております。

当店でもウリである『ワークショップ』はそれを表現出来る場所だと思っております。

もし、何か表現をしたい人がいたらお声がけください。

今後の目標は『料理の上達』『スティールパンとキーボードの上達』『活きてる人とちゃんと繋がる』『フライヤー作りの上達』『地元音楽シーンの格上げ』でございます。

私の店は『飲食店』というカテゴリーに入ってますが人々の生活の一部(LIFE STYLE)としてとけ込めるように様々な角度から色んな人と繋がれる様に努力しています。

一軒の酒場を持ち、DJ(Selector)、バンド活動、機材レンタル業、フライヤー作成やこれまでの自分の知識と経験を活かして周りのイベントのサポートをする等の活動をし、地元の音楽シーンを盛り上げ次の世代に伝えていくことをこの30代で頑張り素敵な40代を過ごせるようにしたいと思っています。

小規模ですが機材レンタルも行っております。

個人でやってる為普通のレンタル業者より格安でレンタルすることができます。

PAも料金の中に含まれてるのでご相談ください。

機材リストがHPで見れます。
http://reviveentertainment.blog119.fc2.com/blog-entry-693.html

趣味というのは私の普段の生活を見ればわかるかもしれませんが、なるべく生活の中に取り入れれるものをLIFE STYLEとしてしています。

音楽も欠かせないもの、スケボーも移動に、サーフィンは自然に色々教えてもらいに、お酒も料理もコミュニケーションの一つ。

無理なくやっていこうと思ってます。

愛車
『Car』Volks Wagen TYPE-Ⅱ'66 COMBI
『Road Bike』COLNAGO SUPER
『Skateboard』Gravity "larry Bartlemann 33"(THRUSTER2)
『Surfin』Long board 9 feet

その他
GREEN GREEN MUSIC FESTIVALのレギュラーDJ&STAFF&岡山営業担当
岡山国際音楽祭 スタッフ
牛窓ナチュラルキャンプ 初回副実行委員会
Takeo & Carribean Session(Steel Pan/Keyboard)
ex- Ritmo De Cola

●mixiコミュニティー● http://c.mixi.jp/revive
●REVIVE ENTERTAINMENT Blog● http://reviveentertainment.blog119.fc2.com/
●My Space● http://www.myspace.com/stereorevive
●Booking●
NI-C(ニシ) 090-8402-2222
Mobile: stereo_revive@softbank.ne.jp
Pc:stereo_revive@yahoo.co.jp
twitter : stereorevive
http://twitter.comstereorevive/

■リバイバー紹介
2011年2/4日(ニシの日)オープン。

2013年3月にリニューアルオープンを終え4/1日より『タマゴ×ダイニング リバイバー』となりました。(FACEBOOKページではいいね!が200人を超えると改称出来ないとの事で以前の名前のままとなっております。)

なぜこの名前?という疑問があがると思いますが、単純です。

次世代まで繋ぐお店としていきたいと思っております。

当店では自慢の玉子を使った料理を食べていただきその利益の一部を若人(タマゴ)の為に
募金やイベント企画をしていきたいなと思っております。

玉子一つにつき五円(ご縁がありますようにと)を貯金していきます。

この国、そしてこの町にに生まれ育った事を誇りに思いもっと『モノヅクリ』
を大事にしていきたいというのが当店の経営理念です。

日本のクリエイティブな作り手の将来のタマゴを応援していきたいと思ってます。

『Made in Japan』という日本の生産者が作ったお酒を中心に

『Made in 岡山』という野菜などを中心に

『Made in リバイバー』というマスターの気取らない手料理。

『Made in 倉敷付近』の手仕事の体験出来る場所(ワークショップ)を開催したり

『Made in 人&楽器』という店内での生演奏のライブを開催したり

『モノ』や『ヒト』と向き合う為の場所になる為日々試行錯誤しています。

『リバイブ』という意味は『耕す』という意味です。

『町』を『人のココロ』を耕すお店を目指しています。

当店のうりであるシステムです。当店だけの試みも多いと思います。
・ノーチャージで席代はとらず、気軽に飲食出来るのでお好きなものを注文出来ます。
 (一件目、二件目、お好きな使い方が出来ると思います。)
・音楽はDJ歴の長いマスターがその場に合わせてチョイス。(リクエストもありです。)
・家族連れでも大歓迎なので小学生以下のジュースはおかわりし放題。(一部のみ)
・デジタルデトックス(携帯電話などのモバイルツールを預けてもらって会計より5%OFF)
 (岡山初!!デジタルと離れてもらって快適に会話をくつろいでもらおうと思う試み。)
・DJブースとプロジェクター完備。(パーティーには欠かせないでしょう。)
 (機材レンタルも行ってるためライブ出来る機材は揃っております。[レンタルも応相談])
・コース料理も年齢、性別、好み等を伺ってお客様に合わせて心を込めて作っております。
 (3,500円〜5,000円まで[飲み放題<150種以上>も90分〜180分まで設定出来ます。])
・アルコール400円〜(150種類以上 国産アルコール[クラフトビール,梅酒、ワイン]含む)
・お料理 65種類以上(季節のおばんざいもあり。別の黒板に書いてます。) 300円〜
 発酵食品やマクロビオティック等を取り入れた体にいい料理を心がけております。
                 ・ソフトドリンク(手作りも) 300円〜

『STEREO REVIVE-the backing reviver- プロフィール』
●メンバー●
NI-C(Sel,Mc,Engineer,Promoter) AKILLA(Sel)

2001年からセレクター活動を開始したNI-Cが2006年10月にSTEREO REVIVE結成。
海外、国内の数々のSOUNDを招きイベントを展開。
2008年にSETOUCHI ONE ROCKERSとしても活動しているAKILLAが加入。益々幅広いセレクションに。
サウンド名にも含まれてるbacking(裏打ち)をrevive(興す)する為に常にコンセプトに沿ったイベントを主催しSOUNDやBANDを呼んでいる。
60's~90'sのJAMAICAN MUSICを中心にUK LOVERS ROCK、SOUL、R&B,JAZZ等幅広いBLACK MUSICの中でも一番見逃しがちな部分や普段現場で聴けないTUNEも沢山プレイし現場を熱くしている。ダブプレートまで全部レコードでプレイする姿にはレゲエもとい音に対する情熱を感じられるサウンドといえるだろう。
最近では、フェスにライブに引っ張りだこ。生音と生音を繋ぐセレクトはアーティストもお客さんも納得するだろう。
↓音源聴けます↓
●My Space● http://www.myspace.com/stereorevive

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。