タマゴ×ダイニング リバイバー

タマゴ×ダイニング リバイバーは岡山県は白壁の町倉敷にあるダイニングバーです。地域のタマゴを育てる活動をしている地域の文化と共に成長していくお店作りを心がけております。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COOL WISE MAN with EDDIE"TANTAN"THORNTON

昨日はお店に津山のmazumeご一行様とHEADS OR TAILS?夫妻がご来店いただきました。

HEADS OR TAILS?のジョニーさんは10月にイベントを主催するとの事。

僕も、遊びに行きます。

楽しみですね。

heads


WIN OR LOSE? vol,12 HEADS OR TAILS? PRESENTS

出演 COOL WISE MAN with EDDIE"TANTAN"THORNTON
  Operators(COOL WISE MAN Rhythm Section)

オープニングアクト ワイラーズ

セレクター yomoji,ARAI

日程 2010年 10月11日(月,祭)

会場 倉敷REDBOX

料金 前売り¥3,500 当日¥4,000 (共に1ドリンク別)

開場 18:30 開演 19:00

【エディ・タンタン・ソーントン】
Tantan
タンタンのニックネームで世界中の人々に親しまれ続ける天才トランペッター。ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ボブ・マーリー、ジミ・ヘンドリックス、ロッド・スチュワート、アスワド等共演したバンドは数知れず。
ジャマイカ生まれの彼は、スカタライツを輩出した事で知られるアルファ・スクールで学ぶ。ドン・ドラモンドやトミィ・マクックらは同期。自身名義としてのアルバムは数枚だが、関わったセッションは星の数に匹敵する。
最近では、スカ・クバーノやトロージャンズの1員として精力的に活動中であり、正に生きる伝説である。
音楽を楽しむという事を伝えてくれる。この意味は観れば解ります!

【クール・ワイズ・マン】

Cool_wise_man_2
http://www.one-dee.com/cwm/profile/index.html

1993年結成。SKAの”におい”を奏でる稀有のバンド。スカ、カリプソ、ロック・ステディ、ダブ、ルーツ・レゲエ等オール・ジャマイカン・ミュージックにコミットするキラーかつダンサブルな独自の音楽性でシーンを牽引中。デリンジャー 、リコ・ロドリゲス、 ロイ・エリス等ジャマイカン・レジェント達との共演、共作も多数。07年にはリコとのJAPAN TOUR DVD "RICO RODRIGUEZ meets COOL WISE MEN"をリリース。ライヴ活動においてもFUJI ROCK FESTIVAL, ASAGIRI JAM, SUNSET LIVE, BIG DAY OUTなど国内外のフェスティヴァルにも多数出演。
2008年は、オーストラリア縦断野外FESTIVAL BIG DAY OUT‘08にエディ・タンタン・ソーントンと共に出演し、海外でも賞賛を浴びる。
彼等の存在は今後のシーンのポテンシャルとして目が離せない!

【オペレーターズ】

Operators

クール・ワイズ・マンのリズムセクションかを中心に2010年に結成。 レゲエ、ソウル、ジャズ、ロック、そしてもちろんスカの要素を散りばめた楽曲とフリーセッション的なステージを絶賛展開中!!
PCI MUSIC INC.からは、ジャパニーズ・ロックをスカ、レゲエアレンジでカバーしたアルバム
「ONESTEP PIECE」paformance by Operators 8/4に発売。
KNCA-12005 / ¥2,100 [incl.tax]
クール・ワイズ・マンとはひと味ちがったサウンドをご賞味あれ!

【ワイラーズ】

http://www14.plala.or.jp/kurabiru/  
今年で結成7年目を迎える倉敷ローカル スカバンド
倉敷をこよなく愛するメンバーによって、のんびりと活動を続けている。
過去には タツミアキラ アンド ザ ライムス、カセットコンロス、
ザ リトル エレファント、ブリッジ スタイルなどと共演をはたす。
オーセンティック・スカを大好物とするも最近はそれ以外のジャンルにも挑戦中!
未完成で発展途上中だが 着々と力をつけつつある彼ら
今後どのように進化していくか?乞うご期待!

問合せ先

HEADS OR TAILS? TEL 086-426-0699 http://www.heads-or-tails2004.com/
REDBOX TEL 086-421-3929 http://www.http://www.studio-redbox.com/

伝説のトランペッター「エディ・タンタン・ソーントン」と
今や日本スカ界の代表と言っても過言ではないまでに成長をとげた
「クール ワイズ マン」の夢の公演が倉敷で!!

一昨年、COOL WISE MAN with EDDIE"TANTAN"THORNTON
を大阪に観に行き感動。
この度、まさか!の倉敷公演!!

Operatorsは観るのは自身も初めてとなります。
ライヴに行こうと何度か試みましたが、時間作れず…。
音源として出されてるCD-Rは大好評、こちらも、まさかの倉敷公演!!

倉敷のレゲエ風スカバンド?のワイラーズ
メンバーの中には、まさか!の病に犯された人もいます。
波にのまれるのではなく、波を乗り越えて欲しいとの想いが自身の中で有ります。
彼らならやってくれるハズ、更なる進化を乞うご期待!!

そして今回のセレクターは「WIN OR LOSE?」レギュラー?
ARAI氏と尾道Easy Skankin'のボス、yomoji氏が参戦。
まさか!という掛け合いをするのか?しないのか?? 楽しみです!!

今回は特に色々な想いが詰まった「WIN OR LOSE?」となりました。
2010年10月11日(月、際)体育の日
良き運動会が出来そうです♪
スポンサーサイト

Comments


Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
My twitter
FC2カウンター
プロフィール

nic

Author:nic
西田 康孝のプロフィール
岡山は白壁の町倉敷で産まれ育った30代前半。

大人になってからの夢はサーフィン、DJ、ワーゲンに乗る事だった。

21歳の頃から音楽活動を始めDJはやっと12年目。

物事何でも10年から。

初心に戻り地道に活動していきたいと思っています。

小さい頃ピアノを習ってた事を含めたら音楽は自分の人生の半分以上を占めているなと思っています。

2011年2月4日(金)に念願であった「お座敷ダイニング リバイバー」をオープンしました。

名前はStereo ReviveというレゲエのSound System(Crew)を運営しているのですがそこからとりました。

因みにリバイブという意味は「耕す」という意味で自分を、そして町をと思っております。

オープン後に気づいたのですがリバイバーという意味は迎え酒という意味があるみたいです。(コープスリバイバーというカクテルも存在します。)

この今の国の現状、自給率の低さ。

僕はもっと『モノ作り』をしている人を応援して日本人としての尊厳を大事にしていきたいと思っております。

当店でもウリである『ワークショップ』はそれを表現出来る場所だと思っております。

もし、何か表現をしたい人がいたらお声がけください。

今後の目標は『料理の上達』『スティールパンとキーボードの上達』『活きてる人とちゃんと繋がる』『フライヤー作りの上達』『地元音楽シーンの格上げ』でございます。

私の店は『飲食店』というカテゴリーに入ってますが人々の生活の一部(LIFE STYLE)としてとけ込めるように様々な角度から色んな人と繋がれる様に努力しています。

一軒の酒場を持ち、DJ(Selector)、バンド活動、機材レンタル業、フライヤー作成やこれまでの自分の知識と経験を活かして周りのイベントのサポートをする等の活動をし、地元の音楽シーンを盛り上げ次の世代に伝えていくことをこの30代で頑張り素敵な40代を過ごせるようにしたいと思っています。

小規模ですが機材レンタルも行っております。

個人でやってる為普通のレンタル業者より格安でレンタルすることができます。

PAも料金の中に含まれてるのでご相談ください。

機材リストがHPで見れます。
http://reviveentertainment.blog119.fc2.com/blog-entry-693.html

趣味というのは私の普段の生活を見ればわかるかもしれませんが、なるべく生活の中に取り入れれるものをLIFE STYLEとしてしています。

音楽も欠かせないもの、スケボーも移動に、サーフィンは自然に色々教えてもらいに、お酒も料理もコミュニケーションの一つ。

無理なくやっていこうと思ってます。

愛車
『Car』Volks Wagen TYPE-Ⅱ'66 COMBI
『Road Bike』COLNAGO SUPER
『Skateboard』Gravity "larry Bartlemann 33"(THRUSTER2)
『Surfin』Long board 9 feet

その他
GREEN GREEN MUSIC FESTIVALのレギュラーDJ&STAFF&岡山営業担当
岡山国際音楽祭 スタッフ
牛窓ナチュラルキャンプ 初回副実行委員会
Takeo & Carribean Session(Steel Pan/Keyboard)
ex- Ritmo De Cola

●mixiコミュニティー● http://c.mixi.jp/revive
●REVIVE ENTERTAINMENT Blog● http://reviveentertainment.blog119.fc2.com/
●My Space● http://www.myspace.com/stereorevive
●Booking●
NI-C(ニシ) 090-8402-2222
Mobile: stereo_revive@softbank.ne.jp
Pc:stereo_revive@yahoo.co.jp
twitter : stereorevive
http://twitter.comstereorevive/

■リバイバー紹介
2011年2/4日(ニシの日)オープン。

2013年3月にリニューアルオープンを終え4/1日より『タマゴ×ダイニング リバイバー』となりました。(FACEBOOKページではいいね!が200人を超えると改称出来ないとの事で以前の名前のままとなっております。)

なぜこの名前?という疑問があがると思いますが、単純です。

次世代まで繋ぐお店としていきたいと思っております。

当店では自慢の玉子を使った料理を食べていただきその利益の一部を若人(タマゴ)の為に
募金やイベント企画をしていきたいなと思っております。

玉子一つにつき五円(ご縁がありますようにと)を貯金していきます。

この国、そしてこの町にに生まれ育った事を誇りに思いもっと『モノヅクリ』
を大事にしていきたいというのが当店の経営理念です。

日本のクリエイティブな作り手の将来のタマゴを応援していきたいと思ってます。

『Made in Japan』という日本の生産者が作ったお酒を中心に

『Made in 岡山』という野菜などを中心に

『Made in リバイバー』というマスターの気取らない手料理。

『Made in 倉敷付近』の手仕事の体験出来る場所(ワークショップ)を開催したり

『Made in 人&楽器』という店内での生演奏のライブを開催したり

『モノ』や『ヒト』と向き合う為の場所になる為日々試行錯誤しています。

『リバイブ』という意味は『耕す』という意味です。

『町』を『人のココロ』を耕すお店を目指しています。

当店のうりであるシステムです。当店だけの試みも多いと思います。
・ノーチャージで席代はとらず、気軽に飲食出来るのでお好きなものを注文出来ます。
 (一件目、二件目、お好きな使い方が出来ると思います。)
・音楽はDJ歴の長いマスターがその場に合わせてチョイス。(リクエストもありです。)
・家族連れでも大歓迎なので小学生以下のジュースはおかわりし放題。(一部のみ)
・デジタルデトックス(携帯電話などのモバイルツールを預けてもらって会計より5%OFF)
 (岡山初!!デジタルと離れてもらって快適に会話をくつろいでもらおうと思う試み。)
・DJブースとプロジェクター完備。(パーティーには欠かせないでしょう。)
 (機材レンタルも行ってるためライブ出来る機材は揃っております。[レンタルも応相談])
・コース料理も年齢、性別、好み等を伺ってお客様に合わせて心を込めて作っております。
 (3,500円〜5,000円まで[飲み放題<150種以上>も90分〜180分まで設定出来ます。])
・アルコール400円〜(150種類以上 国産アルコール[クラフトビール,梅酒、ワイン]含む)
・お料理 65種類以上(季節のおばんざいもあり。別の黒板に書いてます。) 300円〜
 発酵食品やマクロビオティック等を取り入れた体にいい料理を心がけております。
                 ・ソフトドリンク(手作りも) 300円〜

『STEREO REVIVE-the backing reviver- プロフィール』
●メンバー●
NI-C(Sel,Mc,Engineer,Promoter) AKILLA(Sel)

2001年からセレクター活動を開始したNI-Cが2006年10月にSTEREO REVIVE結成。
海外、国内の数々のSOUNDを招きイベントを展開。
2008年にSETOUCHI ONE ROCKERSとしても活動しているAKILLAが加入。益々幅広いセレクションに。
サウンド名にも含まれてるbacking(裏打ち)をrevive(興す)する為に常にコンセプトに沿ったイベントを主催しSOUNDやBANDを呼んでいる。
60's~90'sのJAMAICAN MUSICを中心にUK LOVERS ROCK、SOUL、R&B,JAZZ等幅広いBLACK MUSICの中でも一番見逃しがちな部分や普段現場で聴けないTUNEも沢山プレイし現場を熱くしている。ダブプレートまで全部レコードでプレイする姿にはレゲエもとい音に対する情熱を感じられるサウンドといえるだろう。
最近では、フェスにライブに引っ張りだこ。生音と生音を繋ぐセレクトはアーティストもお客さんも納得するだろう。
↓音源聴けます↓
●My Space● http://www.myspace.com/stereorevive

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。