タマゴ×ダイニング リバイバー

タマゴ×ダイニング リバイバーは岡山県は白壁の町倉敷にあるダイニングバーです。地域のタマゴを育てる活動をしている地域の文化と共に成長していくお店作りを心がけております。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

明日はワイラーズ!

今日はうるう年、そして会社の棚卸しの日なので半日で帰宅出来ます。
凄くラッキーな感じがします。

明日のワイラーズワンマンライブは張り切っていかないとなと思い今日は準備を頑張ろうと思います。

チケットもキャンセル待ちが出てるくらいですからね。

楽しみです!

朝まで呑むぞー(笑)
スポンサーサイト

 

R.I.P JOE GIBBS

僕も大好きなレーベルでJAMAICAN のMUSICシーンには欠かせない名プロデューサー、ジョー・ギブス氏が 今月21日に他界したことがわかりました。
死因は心筋梗塞との事。享年65歳。


Joe Gibbs Passes Away 2008年02月25日21:32 It was confirmed last night that Jamaican music lost another of its most influential figures when Joe Gibbs passed at the University Hospital of the West Indies on Thursday night after suffering a heart attack.

Born in Montego Bay in 1943, Gibbs (real name Joel Gibson) first became involved in Jamaica’s music business around the close of 1966, after being spurred by the sales of records at his newly opened TV repair shop at 32 Beeston Street, Kingston. He had only recently returned from America, where he had qualified as an electronics engineer, an education that was to prove invaluable throughout his new career. Aided and encouraged by Bunny Lee, Gibbs launched his Amalgamated label, with the enigmatic Lee ‘Scratch’ Perry engineering the sessions. Success was immediately forthcoming with releases featuring a variety of performers, most notably Roy Shirley, Errol Dunkley, Stranger & Gladdy, the Versatiles and the Pioneers. His dramatic ascendancy to the upper echelons of the Jamaican music industry was soon recognised by the Island/Trojan organisation, which launched a UK version of his Amalgamated imprint in 1968. Later that same year, Perry left Gibbs‘ employ to launch his own Upsetter the producer swiftly finding an able replacement in Winston ‘Niney’ Holness, who for the next couple of years ensured the hits continued unabated.

In 1970, Gibbs finally made his mark internationally, with his production of ‘Love Of The Common People’ by Nicky Thomas, which peaked at #9 in the UK that summer. By this time, Gibbs had introduced three further labels, Shock, Jogib and Pressure Beat, with a British version of the latter also inaugurated by Trojan. The producer had also opened his New York Record Mart at 11 South Parade, Kingston and set up his own two track studio at 17 Burns Avenue in the Duhaney Park region of town, from where over the next few years he produced a number of superb singles, including further releases by the likes of Nicky Thomas, the Inspirations, Max Romeo the Heptones and Peter Tosh.

Around 1972, Gibbs moved his base of operations to 20 North Parade, Kingston and over the ensuing months recorded a variety of artistes, much of which he issued on his new Joe Gibbs Record Globe label. Among those who cut material for the producer during this period were Dennis Brown (whose first version of ‘Money In My Pocket’ was a sizable Jamaican hit that year), Delroy Wilson and Big Youth.

In 1975 he relocated once more, setting up a sixteen-track studio and pressing plant at 24 Retirement Crescent, Kingston 5, where he installed former Randy’s sound engineer, Errol Thompson at the controls. For the next few years, the hits came thick and fast for the self-proclaimed ‘Mighty Two’, with the likes of Sylford Walker, the Mighty Diamonds, Jacob Miller, Junior Byles, Glen Washington and veteran DJ, Prince Far I among those to have their works produced by Gibbs and Thompson.

The pair also began working with Culture, releasing a number of hit singles by the group, culminating on their highly acclaimed 1977 album, ‘Two Sevens Clash’ album. The same year, Gibbs issued Trinity‘s hugely popular ‘Three Piece Suit’, a recording that utilised the rhythm of Marcia Aitken’s version of Alton Ellis’ ‘I Am Still In Love’. The success of the DJ’s cut led to a whimsical follow-up by teenage schoolgirl duo, Althea Forest and Donna Reid: ‘Up Town Top Ranking’. Despite the song’s lyrics being almost nonsensical to those unfamiliar with Jamaican patois, it breached the UK charts towards the end of 1977 and early the following year, hit the number one spot.

Meanwhile, Gibbs had resumed working with Dennis Brown, their relationship lasting until the close of the decade and spawning a series of major hits, including the singer’s up-dated version of ‘Money In My Pocket’, which broke into the British charts in the spring of 1979, eventually peaking at #14 in the national listings.

An integral ingredient in Gibbs‘ success throughout this period was the musicianship provided by his regular studio band, the Professionals, which at various times included such luminaries as Lloyd Parks and Robbie Shakespeare (bass), Sly Dunbar (drums), Earl ’Chinna‘ Smith (guitar), Gladstone Anderson (keyboards), Ruddy Thomas and Issiah ’Sticky‘ Thompson (percussion), along with a horns section featuring Tommy McCook (tenor sax), Bobby Ellis (trumpet), Vincent Gordon (trombone) and Herman Marquis (alto sax). The exceptional standard of musicianship was perhaps most apparent on the seminal four ‘African Dub’ volumes, issued during the latter part of the seventies.

In 1980, Gibbs produced J.C. Lodge’s international hit, ‘Someone Loves You Honey’, but the failure to pay song-writing royalties to its writer, US Country star, Charley Pride, proved disastrous and following a costly lawsuit, the producer went out of business and relocated to Miami.

He finally returned to making music in 1993, when he rebuilt his studio at 24 Retirement Crescent, reuniting with Errol Thompson, while also employing former Pioneers’ singer/producer, Sydney ‘Luddy’ Crooks to help oversee sessions. A series of worthy singles ensued, with Alton Ellis, Gregory Isaacs, Eric Donaldson and Tanya Stephens among those to work with Gibbs during this period, although the producer was never able to recapture the glory days of the sixties and seventies.

Around this time, he also began reissuing his back catalogue on his son’s Miami-based Rocky One label, while also signing a new deal with Trojan, who promptly began releasing his material in earnest on a series of compilations, primarily focusing upon his Rocksteady and early Reggae works. Later, he set up Joe Gibbs franchises in France and Brazil and as time went on, slowly clawed back some of the huge losses made as a result of the Charley Pride case.

During his lifetime, Joe Gibbs produced some of the finest recordings to see issue in Jamaica. His role in the development of Reggae during the sixties and seventies was immense and his passing yet another terrible blow to an industry that in recent years has lost some of its most influential and inspiring figures.

Laurence Cane-Honeysett

http://www.trojanrecords.com/index.php?l1=1&PHPSESSID=49ffafd8f21d0d15f2ddca6918602ee5

 

The Cavemans tour in kurashiki 終了!ありがとうございました。

無事The Cavemansツアー in 倉敷終わりました。

200人超えてたのかRED BOXもいい感じの集客でしたね。
今回遠方からのお客さんも。

三重県からかっチャン、大阪からベベちゃんも遊びに来てくれました。

僕の友達も沢山。
ほんと感謝です!
ほんと人と人との繋がりが有り難いですー。

The Cavemansの皆様も遠方からありがとうございます。

新曲を含めてSOUL DUB MONSTERからの曲にTHE CAVEMANSのinstrumentはTIDE IS HIGHやNICE TIMEやREAL ROCKまでやってかっこよかったし最後にBOB MARLEYのIRON LION ZIONはあがりましたね。

CDの内容もお客さんみんなちゃんと予習してきてて声も出ててよかったです。

次にいつか出るフルアルバムが楽しみです!

今回タッグマッチを組んで主催したゆうぞう、お疲れ様でした。

何事でも初めから上手くいく事はないんで今回みたいな経験積んで共に大きくなっていきましょう。

今回ゆうぞうが若干あがり気味やったから俺がしっかり喋らなければいけないと思ってほぼアドリブで喋ってたけど普段の会話でかみかみなこの俺が珍しく噛まなかったと思ったら名前間違えてしまったね(笑)

すんません。

しかし今回色んなサプライズがありましたね。

色んな人を感動させ、しかも自分も感動しちゃいました。

こういう事ってほんとやめられませんね。

みんなの笑顔が僕の活力源です。

綺麗事ではありませんがこれからもみんなで一体になれるようなイベント作りをしていこうと思ってます。
自分だけ楽しむんじゃなくてみんなで楽しみたい、楽しませたいという方は是非協力下さいませ。

今回手伝ってくれたスタッフの皆様本当にありがとうございました!

SONPI兄さんが作ってくれたTシャツも大好評でしたね。
会場がカッコいいTシャツだらけだったのは圧巻でした。

マストアイテムにします。

CDもタワレコ等で好評発売中のH.A.FからもSHOWさん、VOICE MANさん、WAKAさんがプレイしにきてくれました。
ほんと昔から倉敷をサポートしてくれてますよ。

次は3/29にShubyでのプレイをお願い致します。

SHOWさんは23日が誕生日だったので会場では僕が大好きなレーベルJAMMYSから出てるANTHONY CRUZ -HAPPY BIRTH DAY(SARA RIDDIM)をプレイし打ち上げでもケーキをプレゼント。

The Cavemansのマネージャー、北原さんも誕生日が同じという事でお祝い致しました。

おめでとうございます。

機材撤収があった為会場内では一滴もお酒が呑めませんでしたが終わった後のお酒は格別でしたね!

調子にのってから打ち上げのぼたんからSHUBY行ってDOOBY行ってBAR Qに行っていつものふるいちで朝ぶっかけセッションしてたら帰ったら九時でした(笑)

おかげでCAVEMANSの見送りは出来ませんでした(汗)

自業自得です。

自動車道が雪の為制限があったみたいで東京に着いたのはかなり遅かったみたいです。

次は美観地区とかゆっくり見てもらいたいですね。

次に皆さんにお会い出来るのを楽しみにしてます。

チケット取り扱い店の方はほんといつもお世話になってます。

昨日も起きてすぐGREEN HOUSEと倉敷レコード屋にチケット回収に行きその後HEADS OR TAILS?のジョニーさんと閉店までずっとイベントについて語ってました。

やっぱり岡山は田舎ですからみんながそれぞれ協力しあってこそイベントが出来るんだなとつくづく思いました。

まだまだ若造だし至らない点があると思いますが今後とも倉敷を盛り上げていこうと思います。

今週土曜日は倉敷の名物、山本隆文氏の解雇ライブ、倉ビル&ザ・ワイラーズのワンマンライブがShubyであるのでSETOUCHI ONE ROCKERSと共にサポートSOUNDとして入ります。

チケットは限定です。

倉ビル&ザ・ワイラーズ好きな人集まれ!

僕もRUDIEな選曲でいこうと思っております。

ちなみに今週土曜のチケットは売り切れました。

もう手に入りません。

どうあがいても無理です。

チケットはみなさん早く買いましょう!

そのかわりcavemansTシャツは若干あまってるので急いでお買い求めください。

 

あっつー間に二月も終わりそうな

先週末レポートです。

金曜日は仕事を終えてから倉敷の美観地区にある煉瓦亭に行ってきました。

関西風なのですが最強に旨いです。
突き出しが100円なのですが100円のクオリティじゃないですね。

豆腐を塩で食べたりと。

旨いっす!

他にイカとアスパラのバター焼きとズリのバター焼きとトロロ焼き(明太子入り)と二人で行ってて一杯ずつ飲んでも3000円くらいでした!

いやー、贅沢っすね!

それからSWLABR→DOOBYと行きました。

気付いたら一時、土曜日も五時起きで仕事やったので気合い入れて行きました。

土曜日の仕事も超ハードで追加残業になったくらいで土曜日の予定をこなせれるか心配でした。

仕事終わってから先ずはカレーのぼたんでThe Cavemansのイベントの打ち合わせ。

因みに本日のカレーはミンチとホウレン草のオムカレーでした。

これまた超旨いっす!

SHUBYでいつもお世話になってるJ-FORCE CREWがイベントやってたのでシステム搬入を手伝ってました。

オープンしてすぐオランダ人軍団が沢山来てかなり楽しんでました。

ここはまるでオランダかーって感じでした(笑)

それからちょっといて岡山に。

ナインに直行でした。

入ると丁度ゑびす工業のプレイ、軽くBASS LANDに挨拶してるとESSENCEのプレイが始まりました。

WICKEDなDUB PLATEに結構体が反応してました。

JOHNNY CLARKEとか渋いとことってましたね。

それから私の憧れBIG STONE。

いつも通りのBIG STONE節が炸裂。

たまりませんね。
2ターン目にはなんとDR.PAIN様が僕の為にSOUL SEGをやってくれました。
感無量です!

しかもDR.PAIN様に一杯ご馳走になりました。

友達の誕生日でシャンパンをご馳走になったり寝不足なのに色々呑んでたのでかなり酔っ払いでした。

誰にも迷惑はかけてないと思いますけど。

結局五時くらいまでいましたがまだ終わる感じではなかったので冨田酒店に用事があって行ってきました。
この時点で24時間くらい起きてましたしべろ酔いだったので少しずつ睡魔が襲ってきました。

七時前に完璧アウト!

気を失ってました。

なんとか家に着いたら八時くらい。
日曜日はゆっくりしてました。

もうちょっと体力つけないとな。

寝だめとか出来たらいいですけどね!

今週はいよいよThe Cavemans来岡です。

ネットショップは発送の都合上打ち切らせていただきます。

チケットは予約でもいけるので声かけて下さいね。

よろしくお願い致します。

 

KINGRYUKYU→BIG STONE

昨日は仕事を終えてから一旦帰宅し洗濯をして岡山に向かいました。

岡山のレゲエスナックyunpyoにまずフライヤーを持って行き話してたら丁度いい時間になったのでNINEに向かいました。

到着すると丁度KING RYUKYUのプレイが始まったばかりでした。

遠い沖縄からお疲れ様です。

流石状況を見た選曲をしますね。

NYの風を感じました。

RUDE ROCKERSのBLUE SHADOWさんの選曲も流石という事で。

かなり楽しませていただきました。
KING RYUKYUは2ターンだけかと思ってたけど最後にTURNERさんのSOUL SEGがありました。

お客さんの少ない中これは残っててほんとよかったと思います。

ほんとサプライズでしたね。

ダンスは最後まで何があるかわからないのが楽しみです。

TURNERさんは朝までがっつり呑んでました。

ホテルで寝る暇なんてあまりないでしょうに。

今年もBIG GUESTが夏に来るでしょうね。

楽しみです。

帰ったら七時過ぎやったから眠たかったです。

日曜日、二時に起きて倉敷JC(青年会議所)の仕事を請負ってた為CDを受け取りに。

それから一路広島に。

久し振りのRIDING WESTでした。

寂しいですけど時代の流れという事でしょうか。

16日にもお会い出来ますが最終日前日に伺ってきました。

レコード半額は熱かったです!

BIG STONEは来週土曜日にCLUB NO.9に来ますよ。

お楽しみに♪

それから軽く腹拵えして一路福山に。

これからフライヤー配りしてきます!

最終電車で倉敷に帰ります。

ではではまた次の日記で。

 

今日は岡山、明日は広島

今日はCLUB NO.9に僕の憧れKING RYUKYUがやってきます。

TURNERさんにお会いするのも久し振りです。

しかもTURNERさんに雪が降ると言ってしまったけど全然降ってないじゃないですかー。

朝少し降ったみたいだけど夜勤明けの僕は寝てました。

沖縄から来る人にとって雪は辛いと思うんでよかったです!

TURNERさんは明日朝に帰られるという事ですが雪降らないといいですね!

明日は昼間に少し用事があってそれから広島に行ってこようかと思います。

これまたお世話になってるBIG STONEのCONQUER-Dさんのお店RIDING WESTに行ってこようかと思ってます。

これからもレゲエに携わる素敵なCONPUER-Dさんでいつづけて下さい。

明日帰りに福山でフライヤー配ってくる予定です。

終電で帰るつもりですが。

誰か行きますか?(笑)

では週末楽しみましょう♪

 

63歳

昨日はBOB MARLEYの63回目の誕生日でしたね。

皆様はちゃんと聴きましたか?

僕は聴きましたよ。

それにしても最近知らない子が多いんでもっとかけないといけないですね。

心掛けます!

 

LION DANCEと卍LINE

どうも、本日恥ずかしながら久し振りに遅刻致しました私めでございます。

遅刻はなるべくしないように気をつけてるんですけどね。

公私ともに気をつけます!

先週は金、土、日遊びましたけど全くのノンアルコールでした。

金曜日は二時半に寝て五時起きで仕事に行きクソ忙しい仕事をこなし晩はすぐイベントの打ち合わせをSWLABRで行いました。

それからcavemansのライブTシャツを受け取りにDOOBYへ。

いやー、Tシャツ凄いいい出来です。
ライブTの枠を超えてますね!

ずっと着ていこうかなと思います!
DOOBYは満員の客。
久し振りに会う赤穂のROOTS ROCK REGGAEのイベントLION ROCK FIESTAでお会いした山さんの同級生のうめちゃん軍団が神戸から来てがっつり呑んでました。

DOOBY行くかどうか迷ってたけどよかったです。

それから雪の中児島SHUFFLEに。

間違えて山ん中通ったんでめちゃめちゃ怖かったです。

前の車は15kmくらいでした。

なんとか無事に着き中に入るとめちゃめちゃお客さん多いじゃないですかー。

色々話したりしましたー。

結局最後までいましたね。

日曜日はええ加減の時間に起きてフライヤー配りに。
問屋町付近とか行きました。

AGITATIONにも行って3/15日のクラッシュのフライヤーとチケットをもらってきました。

EVIS CUP楽しみです。

それからcafe maimaiにフライヤーを置きに行きました。

一日中喋りっ放しで喉カラカラでキウイジュースが旨かったです♪

それからCLUB RHYMEとCAFE RUとかなりやにフライヤーを配りに行きました。

そしてMARSに。

卍LINEこと窪塚君が来てたので覗いてきました。

SILENT KILLERことSCORPION SOUNDも。

窪塚君人気でしたねー。

女の子とギャル男みたいなのが多かったです。

トイレんとこでばったりお会いしたけど特に話かけはしませんでしたね。

いい時間になったのでDOOBYに用事があって行きました。

三日三晩ノンアルコールは凄い(笑)
今週土曜日は僕の尊敬するKING RYUKYUのTURNERさんが来岡するので呑まないとな。

久し振りなので楽しみです!

皆様お会いしましょう♪

 

ふぇぶらりー

二月になりましたね。

二月はダンス以外のイベントの他に○レ○タ○ン○ーとかあって野郎共はドキドキする時期ですね。

メルマガでもお送りしてる通り今月もやばいイベントが沢山あります。
要チェックですよ!

メルマガのご登録は下記までに名前(ニックネーム可)とメルマガ希望と書き添えてメールをお送り下さい。

因みに本日私は児島のSHUFFLEに遊びに行ってきます!
誰か連れてって下さい(笑)

ではでは本日お会いしましょう!

 

« »

02 2008
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
My twitter
FC2カウンター
プロフィール

nic

Author:nic
西田 康孝のプロフィール
岡山は白壁の町倉敷で産まれ育った30代前半。

大人になってからの夢はサーフィン、DJ、ワーゲンに乗る事だった。

21歳の頃から音楽活動を始めDJはやっと12年目。

物事何でも10年から。

初心に戻り地道に活動していきたいと思っています。

小さい頃ピアノを習ってた事を含めたら音楽は自分の人生の半分以上を占めているなと思っています。

2011年2月4日(金)に念願であった「お座敷ダイニング リバイバー」をオープンしました。

名前はStereo ReviveというレゲエのSound System(Crew)を運営しているのですがそこからとりました。

因みにリバイブという意味は「耕す」という意味で自分を、そして町をと思っております。

オープン後に気づいたのですがリバイバーという意味は迎え酒という意味があるみたいです。(コープスリバイバーというカクテルも存在します。)

この今の国の現状、自給率の低さ。

僕はもっと『モノ作り』をしている人を応援して日本人としての尊厳を大事にしていきたいと思っております。

当店でもウリである『ワークショップ』はそれを表現出来る場所だと思っております。

もし、何か表現をしたい人がいたらお声がけください。

今後の目標は『料理の上達』『スティールパンとキーボードの上達』『活きてる人とちゃんと繋がる』『フライヤー作りの上達』『地元音楽シーンの格上げ』でございます。

私の店は『飲食店』というカテゴリーに入ってますが人々の生活の一部(LIFE STYLE)としてとけ込めるように様々な角度から色んな人と繋がれる様に努力しています。

一軒の酒場を持ち、DJ(Selector)、バンド活動、機材レンタル業、フライヤー作成やこれまでの自分の知識と経験を活かして周りのイベントのサポートをする等の活動をし、地元の音楽シーンを盛り上げ次の世代に伝えていくことをこの30代で頑張り素敵な40代を過ごせるようにしたいと思っています。

小規模ですが機材レンタルも行っております。

個人でやってる為普通のレンタル業者より格安でレンタルすることができます。

PAも料金の中に含まれてるのでご相談ください。

機材リストがHPで見れます。
http://reviveentertainment.blog119.fc2.com/blog-entry-693.html

趣味というのは私の普段の生活を見ればわかるかもしれませんが、なるべく生活の中に取り入れれるものをLIFE STYLEとしてしています。

音楽も欠かせないもの、スケボーも移動に、サーフィンは自然に色々教えてもらいに、お酒も料理もコミュニケーションの一つ。

無理なくやっていこうと思ってます。

愛車
『Car』Volks Wagen TYPE-Ⅱ'66 COMBI
『Road Bike』COLNAGO SUPER
『Skateboard』Gravity "larry Bartlemann 33"(THRUSTER2)
『Surfin』Long board 9 feet

その他
GREEN GREEN MUSIC FESTIVALのレギュラーDJ&STAFF&岡山営業担当
岡山国際音楽祭 スタッフ
牛窓ナチュラルキャンプ 初回副実行委員会
Takeo & Carribean Session(Steel Pan/Keyboard)
ex- Ritmo De Cola

●mixiコミュニティー● http://c.mixi.jp/revive
●REVIVE ENTERTAINMENT Blog● http://reviveentertainment.blog119.fc2.com/
●My Space● http://www.myspace.com/stereorevive
●Booking●
NI-C(ニシ) 090-8402-2222
Mobile: stereo_revive@softbank.ne.jp
Pc:stereo_revive@yahoo.co.jp
twitter : stereorevive
http://twitter.comstereorevive/

■リバイバー紹介
2011年2/4日(ニシの日)オープン。

2013年3月にリニューアルオープンを終え4/1日より『タマゴ×ダイニング リバイバー』となりました。(FACEBOOKページではいいね!が200人を超えると改称出来ないとの事で以前の名前のままとなっております。)

なぜこの名前?という疑問があがると思いますが、単純です。

次世代まで繋ぐお店としていきたいと思っております。

当店では自慢の玉子を使った料理を食べていただきその利益の一部を若人(タマゴ)の為に
募金やイベント企画をしていきたいなと思っております。

玉子一つにつき五円(ご縁がありますようにと)を貯金していきます。

この国、そしてこの町にに生まれ育った事を誇りに思いもっと『モノヅクリ』
を大事にしていきたいというのが当店の経営理念です。

日本のクリエイティブな作り手の将来のタマゴを応援していきたいと思ってます。

『Made in Japan』という日本の生産者が作ったお酒を中心に

『Made in 岡山』という野菜などを中心に

『Made in リバイバー』というマスターの気取らない手料理。

『Made in 倉敷付近』の手仕事の体験出来る場所(ワークショップ)を開催したり

『Made in 人&楽器』という店内での生演奏のライブを開催したり

『モノ』や『ヒト』と向き合う為の場所になる為日々試行錯誤しています。

『リバイブ』という意味は『耕す』という意味です。

『町』を『人のココロ』を耕すお店を目指しています。

当店のうりであるシステムです。当店だけの試みも多いと思います。
・ノーチャージで席代はとらず、気軽に飲食出来るのでお好きなものを注文出来ます。
 (一件目、二件目、お好きな使い方が出来ると思います。)
・音楽はDJ歴の長いマスターがその場に合わせてチョイス。(リクエストもありです。)
・家族連れでも大歓迎なので小学生以下のジュースはおかわりし放題。(一部のみ)
・デジタルデトックス(携帯電話などのモバイルツールを預けてもらって会計より5%OFF)
 (岡山初!!デジタルと離れてもらって快適に会話をくつろいでもらおうと思う試み。)
・DJブースとプロジェクター完備。(パーティーには欠かせないでしょう。)
 (機材レンタルも行ってるためライブ出来る機材は揃っております。[レンタルも応相談])
・コース料理も年齢、性別、好み等を伺ってお客様に合わせて心を込めて作っております。
 (3,500円〜5,000円まで[飲み放題<150種以上>も90分〜180分まで設定出来ます。])
・アルコール400円〜(150種類以上 国産アルコール[クラフトビール,梅酒、ワイン]含む)
・お料理 65種類以上(季節のおばんざいもあり。別の黒板に書いてます。) 300円〜
 発酵食品やマクロビオティック等を取り入れた体にいい料理を心がけております。
                 ・ソフトドリンク(手作りも) 300円〜

『STEREO REVIVE-the backing reviver- プロフィール』
●メンバー●
NI-C(Sel,Mc,Engineer,Promoter) AKILLA(Sel)

2001年からセレクター活動を開始したNI-Cが2006年10月にSTEREO REVIVE結成。
海外、国内の数々のSOUNDを招きイベントを展開。
2008年にSETOUCHI ONE ROCKERSとしても活動しているAKILLAが加入。益々幅広いセレクションに。
サウンド名にも含まれてるbacking(裏打ち)をrevive(興す)する為に常にコンセプトに沿ったイベントを主催しSOUNDやBANDを呼んでいる。
60's~90'sのJAMAICAN MUSICを中心にUK LOVERS ROCK、SOUL、R&B,JAZZ等幅広いBLACK MUSICの中でも一番見逃しがちな部分や普段現場で聴けないTUNEも沢山プレイし現場を熱くしている。ダブプレートまで全部レコードでプレイする姿にはレゲエもとい音に対する情熱を感じられるサウンドといえるだろう。
最近では、フェスにライブに引っ張りだこ。生音と生音を繋ぐセレクトはアーティストもお客さんも納得するだろう。
↓音源聴けます↓
●My Space● http://www.myspace.com/stereorevive

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。