タマゴ×ダイニング リバイバー

タマゴ×ダイニング リバイバーは岡山県は白壁の町倉敷にあるダイニングバーです。地域のタマゴを育てる活動をしている地域の文化と共に成長していくお店作りを心がけております。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

Stars

今日は七夕ということで七夕の記事を書きます。

以下は転載、七夕豆知識。

-----------------------------------------------------------------------------

■七夕に関する素朴な疑問

 7月7日は七夕ですが、どうして七夕と書いてたなばたと読むのか、疑問に思ったことはありませんか。

 今でこそ、織姫・彦星の伝説や、願いごとを書いた短冊を笹に吊るすのが一般的ですが、もともとは、中国の乞巧奠(きっこうでん)というお祭りと、日本古来の行事が融合してできたもの。そのへんにこの謎を解く鍵がありそうです。

■織姫と彦星~七夕の恋物語

 古代中国を発祥とする乞巧奠は、皆さんもご存知の星物語から始まります。

『天の川の西岸に住む織姫は、機織りの名手。毎日機織りに勤しんで美しい布を織り上げ、父親である天帝を喜ばせておりました。そんな娘の結婚相手を探していた天帝は、東岸に住む働き者の牛使い彦星を引き合わせ、ふたりはめでたく夫婦になりました。

 しかし、結婚してからというもの、あまりにも夫婦仲が良すぎて全く仕事をしようとしません。これに怒った天帝が、天の川を隔ててふたりを離れ離れにしてしまいました。

 しかし、悲しみに明け暮れるふたりを不憫に思った天帝は、仕事に励むことを条件に七夕の夜に限ってふたりが再会することを許します。こうして、七夕になると天帝の命を受けたカササギの翼にのって天の川を渡り、ふたりは年に一度の逢瀬をするようになったのです。』

※織姫=琴座の0等星・ベガである織女星(しょくじょせい)
※彦星=鷲座の1等星アルタイルである牽牛星(けんぎゅうせい)

■恋物語から乞巧奠(きっこうでん)へ

 このふたりの逢瀬を祝い、織姫にあやかって機織りの技が上手くなるように、ひいては手芸や手習いの上達を願って、巧みになるように乞う祭り (奠)と言う意味の「乞巧奠(きっこうでん)」が催されるようになり、日本でも宮中儀式として取り入られるようになりました。ちなみに、旧暦の7月7日は今の8月中旬頃ですから、雨の心配も少なく星もきれいに見えたのです。

 ……織姫と彦星の話から乞巧奠に発展したことはわかりましたし、7月7日の夕べだから七夕になったのもわかります。しかし、なぜ「七夕=たなばた」と読むようになったのか? これが実に合点のいく話なのです。

■なぜ「七夕=たなばた」と読むのか?

 日本では七夕は稲の開花期にあたり、水害や病害などが心配な時期です。また、お盆(旧暦の7月15日)の準備をする頃にもあたります。

 そこで、収穫の無事を祈り、棚機女(たなばたつめ)という巫女が水辺の棚の上に設けられた機屋で棚機(たなばた)と呼ばれる機織り機を使って先祖に捧げる衣を織りあげ、それを祀って神の降臨を待つという禊(みそぎ)の行事があったそうです。棚には神聖なものを一段上げるという意味があります。

 やがてこの行事と乞巧奠が交じり合い現在のような形に定着していきますが、もともとは7月7日の夕方を表して七夕(しちせき)と呼ばれていたものが、棚機(たなばた)にちなんで七夕(たなばた)という読み方に変わっていったのです。

■願い事はサトイモの夜露でしたためます

 七夕には笹に願い事を書いた短冊(五色=青・赤・黄・白・黒)を飾りますが、本来はサトイモの葉に溜まった夜露を集めて墨をすり、その墨で文字を綴って手習い事の上達を願います。サトイモの葉は神からさずかった天の水を受ける傘の役目をしていたと考えられているため、その水で墨をすると文字も上達するのです。

 ちなみに、笹に短冊を飾るようになったのは江戸時代になってからのことでして、昔は梶の葉に和歌をしたためて祀っていました。梶の葉の裏側は細くて滑らかな毛がたくさん生えているため墨の乗りがよく、紙の原料としても使われていたのです。宮中行事を伝承する京都の冷泉家では、今でも古式ゆかしい七夕の歌会や乞巧奠がとり行われており、梶の葉が重要な役割を果たしています。


 七夕の由来には、織姫と彦星の恋物語だけでなく、手技(機織・手芸・習字など)の上達や豊作の願いが織り込まれています。そんな話に思いを馳せながら七夕を過ごしてみてはいかがでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------

知らなかった人、多いでしょ。

七夕、ということでCornell CampbellさんのStarsを。

Cornell Campbell - Stars


このテイクも知ってますか?

Cornell Campbell - The Sun


今もみんな大好き、リメイクされてる名曲です。
スポンサーサイト

 

BAGDAD CAFE THE TRENCH TOWN

牛窓ムーンロード、BAGDAD CAFE THE TRENCH TOWNが目当ての人多かったんじゃないですか~。

BAGDAD CAFE THE TRENCH TOWNが使ってたネタをちょいと書きます。

一曲目のイントロはAswadのWarrior Chargeでした。



二曲目はララベラRiddimを使用。



行ってた人はわかると思います。

なんとなしにBAGDAD CAFE THE TRENCH TOWNを聴いてるひとが多いかもしれませんがこういう観点で見ると楽しいのです。

楽しいねっ。

 

南京豆売り

花見日和でしたねー。

皆様は花見いかれましたかー?

僕も花見を楽しんできましたよ

今日はTAXI RIDDIMについて。

一番最近のHITではこちらでしょうか??

Buju Banton - "Driver A"


残念ながら今は檻の中ですが・・。

こちらのオリジナルをシンプルに使ってますね。

Sly & Robbie - Unmetered Taxi


こちらはHIT例。

Johnny Osbourne - Reasons


Foxy Brown - Sorry

Bounty Killer - The Lord Is My Light And My Salvation


Jigsy King & Hopeton James-Mood To Kill a Sound


このような曲がHITしましたね。

実はTAXI RIDDIMは元があるのです。

こないだもROCK FORT ROCKのことを書きましたが同じくキューバうまれなのです。

キューバのsonという音楽からきたみたいです。

ソン(son)はキューバ起源のラテン音楽。スペイン語で音という意味を持つ。

キューバのsonについて
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%B3

それでは、聴いてみましょうか。

Len Lye - The Peanut Vendor


Marius B.Winter Band - The Peanut Vendor


どうでしょうか?

ベースラインのところからTAXI RIDDIMを連想させたみたいです。

他にも色々カバーがあります。

ラテン音楽の長老と呼ばれてるザビアクガート。

XAVIER CUGAT - Peanut Vendor


そして、土曜日私も大阪に見に行ってたSkatalites。

フルメンバーではなかったですがパッチーさんのかわりにDoreen Schafferさんも来ててよかったですよ

The Skatalites - Peanut Vendor





いいですね~。

でも、日本勢も負けてません。

ザ・ピーナッツ - The Peanut Vendor


Hibari Misora - El Manisero


南京豆売り / 歌・麻倉未稀


エノケンの南京豆売り 榎本健一


いや~、音楽って奥が深いです。

今日はデリートで回してきます

 

四月ですね~。

四月ですね~。

今年も早いです。

あっという間に忘年会シーズンとかになりますよ。

四月といえば出会いと別れの月。

僕の身近な人もどこかにいったりしてます。

でも遠くない遠くない~。

地球上にいたらどこでも会えるさ。

でも、エイプリルフールだからって嘘はやめてね。

僕はもう30なので言わないようにしておきます。

そこで調べてみました。

エイプリルフールとは??

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

エイプリルフール (April Fool's Day) とは、毎年4月1日には嘘をついてもよい、という風習のことである。ただし人をからかうような、害のない嘘に限られる。またイギリスなどでは、4月1日の正午までに限るとも言い伝えられている。英語の "April Fool" は、4月1日に騙された人を指す。

エイプリルフールは、日本語では「四月馬鹿(四月バカ)」、漢語的表現では「万愚節」または「愚人節」、フランス語では「プワソン・ダヴリル」(Poisson d'avril, 四月の魚)と呼ばれる。

なお、日本では4月1日は、「日ごろの不義理を詫びる日」だった。

イスラム教においてはこの習慣はコーランに著しく反しているため、強く禁止されている。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

とのことです。(wikipedia参照)

日ごろの不義理を詫びる日か~。

むしろそっちのほうがいいね。

ほんと、間逆ですがな~。

まあ、噂を信じちゃいけねえよって感じのリリックで今日の曲。

SHABBA RANKS&CARLTON LIVINGSTON - Rumors


そして現場でもよくかかるジャパスプで岡山にも来たグレゴリーさん。

Gregory Isaacs - Rumours


そして、ここからは同オケです。

J.C. Lodge - Telephone Love


Shabba Ranks & Admiral Tibett - Tell Me Which One


Lady G - Nuff Respect


Mighty Diamonds - Heavy Load


いいですね。

MUSIC WORKS好きですよ。

普段、あまり流しませんがレコードは一応持ってます。

みなさん、エイプリルフールだまされないようにw


 

Rockfort Rock

最近は音楽ネタが多くなってきました~~。

このブログはレゲエ初心者から上級者まで見てると思いますが自分も書くことによって見直せると思うので書いてます。

あくまで参考までに。

間違えてたら教えてください。

今日の一曲は今度来日するSound DimensionとSkatalitesより。

【Gaz's Rockin' Blues 30 years anniversary】
feat. : The Skatalites / Sound Dimension featuring Stranger and Patsy / TheSkaFlames [Tokyo show only]
DJ : Gaz Mayall & Baby Soul

4/2 (金) 名古屋:Nagoya CLUB QUATTRO
OPEN / START 18:00
6,500円 (adv.with 1drink)

4/3 (土)大阪: Shinsaibashi CLUB QUATTRO
OPEN / START 17:00
6,500円 (adv.with 1drink)

4/4 (日)東京: Shinkiba STUDIO COAST
OPEN / START 16:30
6,500円 (adv.with 1drink)

http://www.smash-jpn.com/band/2010/04_gaz/index.php

こりゃ、あつすぎですね。

行きますか?

僕は今すごく検討してます。

Sound Dimension - Rockfort Rock


みなさん、聴いたことある定番RIDDIMですね。

The Skatalites - Rock Fort Rock


The New Establishment - Rock Fort Rock



ベースラインわるすぎですね。

Rock Fort Rockのオリジナルは、1920~30年代に活躍したプエルトリコ人作曲家Rafael Hernandezさんの「El Cumbanchero」。

ラテン音楽のスタンダード曲になった「El Cumbanchero」は、その後キューバのピアノ奏者Ruben Gonzalezなどによってカヴァーされました。

学校の吹奏楽でもよく演奏されてますね。



1965年のTito PuenteさんのEl Cumbanchero。
この年代の映像がばっちりあるのがすごいです。


The Venturesもやってます。僕もレコでかけたりしてます。


SLY & ROBBIEテイク。
かっけ~~。


このアルバムはこれからこのブログで紹介していく重要RIDDIMが沢山入ってるのでお得ですよ。



1. Rockfort Rock - Sound Dimension
2. Real Rock - Sound Dimension
3. Swing Easy - Soul Vendors
4. Mojo Rock Steady - Sound Dimension
5. Heavy Rock - Sound Dimension
6. Freak Out - Jackie Mittoo
7. Tunnel One - Tommy McCook
8. Moon Ride - Brentford Road All Stars
9. Race Track - Brentford Road All Stars
10. Throw Me Corn - Brentford Road All Stars
11. Baby Face - Sound Dimension
12. Love Again - Jackie and the Invaders
13. Darker Shade of Black - Soul Vendors
14. Banana Walk - Dub Specialist
15. Heavy Beat - Sound Dimension
16. Return of the Scorcher - Sound Dimension
17. Popcorn Reggae - Soul Agent and the Soul Defenders
18. Death in the Arena - Soul Vendors

みんなが知ってるRIDDIM満載。

僕もよく聴いてます。

うわ~。

生で見て~。

いきて~~。

 

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
My twitter
FC2カウンター
プロフィール

nic

Author:nic
西田 康孝のプロフィール
岡山は白壁の町倉敷で産まれ育った30代前半。

大人になってからの夢はサーフィン、DJ、ワーゲンに乗る事だった。

21歳の頃から音楽活動を始めDJはやっと12年目。

物事何でも10年から。

初心に戻り地道に活動していきたいと思っています。

小さい頃ピアノを習ってた事を含めたら音楽は自分の人生の半分以上を占めているなと思っています。

2011年2月4日(金)に念願であった「お座敷ダイニング リバイバー」をオープンしました。

名前はStereo ReviveというレゲエのSound System(Crew)を運営しているのですがそこからとりました。

因みにリバイブという意味は「耕す」という意味で自分を、そして町をと思っております。

オープン後に気づいたのですがリバイバーという意味は迎え酒という意味があるみたいです。(コープスリバイバーというカクテルも存在します。)

この今の国の現状、自給率の低さ。

僕はもっと『モノ作り』をしている人を応援して日本人としての尊厳を大事にしていきたいと思っております。

当店でもウリである『ワークショップ』はそれを表現出来る場所だと思っております。

もし、何か表現をしたい人がいたらお声がけください。

今後の目標は『料理の上達』『スティールパンとキーボードの上達』『活きてる人とちゃんと繋がる』『フライヤー作りの上達』『地元音楽シーンの格上げ』でございます。

私の店は『飲食店』というカテゴリーに入ってますが人々の生活の一部(LIFE STYLE)としてとけ込めるように様々な角度から色んな人と繋がれる様に努力しています。

一軒の酒場を持ち、DJ(Selector)、バンド活動、機材レンタル業、フライヤー作成やこれまでの自分の知識と経験を活かして周りのイベントのサポートをする等の活動をし、地元の音楽シーンを盛り上げ次の世代に伝えていくことをこの30代で頑張り素敵な40代を過ごせるようにしたいと思っています。

小規模ですが機材レンタルも行っております。

個人でやってる為普通のレンタル業者より格安でレンタルすることができます。

PAも料金の中に含まれてるのでご相談ください。

機材リストがHPで見れます。
http://reviveentertainment.blog119.fc2.com/blog-entry-693.html

趣味というのは私の普段の生活を見ればわかるかもしれませんが、なるべく生活の中に取り入れれるものをLIFE STYLEとしてしています。

音楽も欠かせないもの、スケボーも移動に、サーフィンは自然に色々教えてもらいに、お酒も料理もコミュニケーションの一つ。

無理なくやっていこうと思ってます。

愛車
『Car』Volks Wagen TYPE-Ⅱ'66 COMBI
『Road Bike』COLNAGO SUPER
『Skateboard』Gravity "larry Bartlemann 33"(THRUSTER2)
『Surfin』Long board 9 feet

その他
GREEN GREEN MUSIC FESTIVALのレギュラーDJ&STAFF&岡山営業担当
岡山国際音楽祭 スタッフ
牛窓ナチュラルキャンプ 初回副実行委員会
Takeo & Carribean Session(Steel Pan/Keyboard)
ex- Ritmo De Cola

●mixiコミュニティー● http://c.mixi.jp/revive
●REVIVE ENTERTAINMENT Blog● http://reviveentertainment.blog119.fc2.com/
●My Space● http://www.myspace.com/stereorevive
●Booking●
NI-C(ニシ) 090-8402-2222
Mobile: stereo_revive@softbank.ne.jp
Pc:stereo_revive@yahoo.co.jp
twitter : stereorevive
http://twitter.comstereorevive/

■リバイバー紹介
2011年2/4日(ニシの日)オープン。

2013年3月にリニューアルオープンを終え4/1日より『タマゴ×ダイニング リバイバー』となりました。(FACEBOOKページではいいね!が200人を超えると改称出来ないとの事で以前の名前のままとなっております。)

なぜこの名前?という疑問があがると思いますが、単純です。

次世代まで繋ぐお店としていきたいと思っております。

当店では自慢の玉子を使った料理を食べていただきその利益の一部を若人(タマゴ)の為に
募金やイベント企画をしていきたいなと思っております。

玉子一つにつき五円(ご縁がありますようにと)を貯金していきます。

この国、そしてこの町にに生まれ育った事を誇りに思いもっと『モノヅクリ』
を大事にしていきたいというのが当店の経営理念です。

日本のクリエイティブな作り手の将来のタマゴを応援していきたいと思ってます。

『Made in Japan』という日本の生産者が作ったお酒を中心に

『Made in 岡山』という野菜などを中心に

『Made in リバイバー』というマスターの気取らない手料理。

『Made in 倉敷付近』の手仕事の体験出来る場所(ワークショップ)を開催したり

『Made in 人&楽器』という店内での生演奏のライブを開催したり

『モノ』や『ヒト』と向き合う為の場所になる為日々試行錯誤しています。

『リバイブ』という意味は『耕す』という意味です。

『町』を『人のココロ』を耕すお店を目指しています。

当店のうりであるシステムです。当店だけの試みも多いと思います。
・ノーチャージで席代はとらず、気軽に飲食出来るのでお好きなものを注文出来ます。
 (一件目、二件目、お好きな使い方が出来ると思います。)
・音楽はDJ歴の長いマスターがその場に合わせてチョイス。(リクエストもありです。)
・家族連れでも大歓迎なので小学生以下のジュースはおかわりし放題。(一部のみ)
・デジタルデトックス(携帯電話などのモバイルツールを預けてもらって会計より5%OFF)
 (岡山初!!デジタルと離れてもらって快適に会話をくつろいでもらおうと思う試み。)
・DJブースとプロジェクター完備。(パーティーには欠かせないでしょう。)
 (機材レンタルも行ってるためライブ出来る機材は揃っております。[レンタルも応相談])
・コース料理も年齢、性別、好み等を伺ってお客様に合わせて心を込めて作っております。
 (3,500円〜5,000円まで[飲み放題<150種以上>も90分〜180分まで設定出来ます。])
・アルコール400円〜(150種類以上 国産アルコール[クラフトビール,梅酒、ワイン]含む)
・お料理 65種類以上(季節のおばんざいもあり。別の黒板に書いてます。) 300円〜
 発酵食品やマクロビオティック等を取り入れた体にいい料理を心がけております。
                 ・ソフトドリンク(手作りも) 300円〜

『STEREO REVIVE-the backing reviver- プロフィール』
●メンバー●
NI-C(Sel,Mc,Engineer,Promoter) AKILLA(Sel)

2001年からセレクター活動を開始したNI-Cが2006年10月にSTEREO REVIVE結成。
海外、国内の数々のSOUNDを招きイベントを展開。
2008年にSETOUCHI ONE ROCKERSとしても活動しているAKILLAが加入。益々幅広いセレクションに。
サウンド名にも含まれてるbacking(裏打ち)をrevive(興す)する為に常にコンセプトに沿ったイベントを主催しSOUNDやBANDを呼んでいる。
60's~90'sのJAMAICAN MUSICを中心にUK LOVERS ROCK、SOUL、R&B,JAZZ等幅広いBLACK MUSICの中でも一番見逃しがちな部分や普段現場で聴けないTUNEも沢山プレイし現場を熱くしている。ダブプレートまで全部レコードでプレイする姿にはレゲエもとい音に対する情熱を感じられるサウンドといえるだろう。
最近では、フェスにライブに引っ張りだこ。生音と生音を繋ぐセレクトはアーティストもお客さんも納得するだろう。
↓音源聴けます↓
●My Space● http://www.myspace.com/stereorevive

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。